AMD VS intel どっちが良いの?

とりあえずどっちが良いのという疑問の答え

CPUでAMDとIntelってどっちが良いの?とよく聞かれます。
CPUは同じCorei5でも世代やデスクトップ用、ノート用により性能が異なり一概にどちらが良いか言い切れません。
詳しい人はCPUの型番を見る事で世代、凡その性能の判断が出来ると思います。
基本的な事で言うと最新世代のCPUだとAMDの方が性能が高く、価格も安い為、AMDの方が圧倒的に良いと言えます。

世代、シリーズにより性能が大きく変わる

AMDのRyzenは5000シリーズが最新、4000シリーズ一つ前の世代、3000シリーズが4000シリーズの前の世代です。
Ryzen 3の次の数字で世代が古いか新しいか判断できます。
IntelのCoreiシリーズはのCPUが最新となり、その前が10世代になります。
Ryzenと同様でCore i3-11で始まるのが最新、Core i3-10で始まるのが一つ前の世代になります。
同じRyzen3でもシリーズが違う事で大きく性能が変わるので注意が必要です。

CPU ベンチマークスコア
Ryzen 3 3250U 4200
Ryzen 3 4300U 7700
Ryzen 3 5300U 10600

上記な同じRyzen3のシリーズ違いのベンチマークスコアになります。
ベンチマークとはCPUの性能を数字にしたもので、数字が高い程性能が高いと言えます。
同じRyzen3でに3250Uと5300Uでは倍以上性能が変わってくるのがわかります。

IntelよりもAMDの安くて高性能

以下はCore i5-1135G7とRyzen 5 4500Uの比較になります。
Ryzen5の方がベンチマークスコアが高いので、高性能です。
高性能なのにRyzen5の方が安くなっています。

CPU ベンチマークスコア
Core i5-1135G7 10100
Ryzen 5 4500U 11300

同メーカーで同じシリーズでなのに、高性能なRyzen5の方が安くなっています。。。

Lenovo IdeaPad Slim 350
49,588円~

CPU Ryzen 5 4500U
メモリ 8GB
ストレージ SSD:256GB
液晶 14型(1920×1080)

Lenovo IdeaPad Slim 350i 
68,794円~

CPU Core i5-1135G7
メモリ 8GB
ストレージ SSD:256GB
液晶 14型 (1920×1080)

考える間もなく、購入はRyzenモデルですよね?
性能が低いCorei5を購入する意味は何もないですからね。。。

なぜAMDが性能が良くて安いのか?

理由は色々あります。
わかりやすく言うと下記の2つのポイントになると思います。
1.絶対王者のIntelに勝つため価格を安くしている
2.AMDのCPUの開発に天才が現れ、一気に性能が上がった

昔はIntelよりも性能は低いがコストパフォーマンスに優れていたのがAMDでした。
その為、絶対王者のIntelに対抗するべく価格を抑え販売を行っていましたが、
AMDの開発に天才が現れ、intelよりも先に新しいテクノロジー(7nmプロセスルール)の製品化を実現。
CPUの爆発的な性能アップが図られました。
その結果、性能も高くて、価格も安い性能になっています。



AMDで出来る事って違うの?

AMDとIntelでやれる事は基本変わりません。
厳密に言うと、Ryzenの4000シリーズまではIntelと違い、キャッシュメモリが2つある事でコアの連動性が悪く、マルチタスク、3Dゲーム等の性能を求める作業等でIntelと比較しAMDの方が劣るという事がありました。
最近販売開始されたRyzen 5000シリーズではキャッシュメモリも共通化された為、マルチタスク、3Dゲーム等の際に見劣りする事もなくなりました。


Intelの良いところは?

ここまでの内容を見るとAMDだけで良いじゃん?Intelいらないよね?と思う方が多いと思います。
intelのCPUが良い点というのは確かに少ないですが、CPUの王者ということもあり、圧倒的な事が1つあります。

Intel搭載モデルのラインアップが多いので、選択できるパソコンが幅広くある
AMDのCPUが良くなって来たのはここ2~3年です。
その為、どのメーカーもIntel搭載モデルの方が圧倒的に多いのが実情です。
コストパフォーマンスだけを考えるとAMDですが、デザイン面等も考えるとIntelの方が色々と選択の幅が広がる為、自分に合った一台は見つけやすいという事があります。

intel Optaneメモリー対応

intel Optaneメモリー対応の為、CPUパフォーマンスが下回っても、intel Optaneメモリー搭載でWindowsの起動時間、ソフトウェアの起動が高速になります。
一秒でも早く起動させたい方にはおすすめですが、個人的には2倍等の速さになるわけではなく、体感でもちょっと早いかな?位のレベルです。
どの程度差が出るかyoutubeに掲載があるので、気になる方は見てみてください。正直1時間掛かる作業で10分程度の際になるので、10分前後の作業で1~2分前後です。10分の作業で1~2分前後の差であれば、個人的には誤差範囲かな~と思ってしまいます。スペック中心で考える場合は、全然違うじゃんとなると思いますが、intel Optaneメモリー搭載すると価格的に大きく上がる為、正直あまり魅力を感じないですね。。。

CPUベンチマーク性能表

2021/4/25現在のDELL、LENOVOに使用されているノートパソコンのCPU早見表です。

CPU ベンチマークスコア
Ryzen 3 3250U 4200
Core i3-1005G1 5200
Core i3-1115G4 6300
Ryzen 3 4300U 7700
Core i3-1125G4  10300
Ryzen 3 5300U 10600
Ryzen 5 3500U 7200
Core i5-1035G1  8000
Core i5-10300H 8800
Core i5-1135G7 10100
Ryzen 5 4500U 11300
Core i5-11300H 12000
Ryzen 5 5500U 13900
Ryzen 7 3700U 7400
Core i7-1065G7 8900
Core i7-1065G7 8900
Core i7-1165G7 10500
Core i7-1185G7 11200
Core i7-10750H 12600
Core i7-11370H 12800
Ryzen 7 4700U 13800
Core i7-10870H 15700
Core i7-10875H 16000
Ryzen 7 5700U  16300
Core i9-10980HK 16600
Core i7 10700 17400
Ryzen 7 4800H 19200
Core i7 10700K 19500
Core i9 10900K 24000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA